スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unity 3.5 + XCode 3.4.2でのスプラッシュスクリン問題への対応方法

Lion + Unity3.5 + XCode 4.3.0 + XCode 4.3.2でiOS5.1アプリの端末テストが成功!
あっさりと動いたのでちょっと拍子抜け。。


今回の問題を整理すると
1. Snow LeopardではiOS5.1で動作するアプリは作れなかった。
 (ビルド時にエラーになる)

2. iOS5.1SDKを含むXCodeは4.3.1以降だが、Lion版しか提供されていない。

3.XCode4.3.1以降ではスプラッシュ画像(アプリ起動画面用)はRetina対応
 のものでなければならなくなってしまった。
 これに対してUnity Basic版ではスプラッシュ画像の差し替えが不可の制約
 があり、違反すると端末上で実行できなくなってしまう。


解決方法をまとめると
1. iOS 5.1 SDKを含むXCode(4.3.1 / 4.3.2)を起動し、iOS 5.1 SDKをインストールする。
 (XCode起動時にインストールを促される)
 私の場合は4.3.2をインストールしました。

2. XCode 4.3.0のディスクイメージをiOS Dev Centerから入手。

3. アプリケーションフォルダにXCode 4.3.0をインストール。
 この時、先にインストールした4.3.2を上書きしないように、適当なフォルダ(XCode_430とか)
 を作ってそこにインストール。

4. Unityでビルドしたらば、XCode 4.3.0のほうでプロジェクトファイルを開いてビルドし
 端末にインストール。
 その際ですが、XCode4.3.0起動して初めて端末を接続した際には、何やら(たぶん認証情報とか)
 を端末にコピーする処理が走るので、それが完了してからビルドして実行すればOKです。


なんとか実機で動作確認できるようになったので一安心です。
上記の方法でiOS 5.0.1とiOS 5.1の端末用アプリをテストしましたがうまく動いているようでした。
もうしばらくいろいろ動かして検証してみたいと思っています。

ちなみに、今回参考にしたのは以下のUnityフォーラムのスレッドです。

1. スレッド その1
2. スレッド その2

やれやれ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。